PHP: if文の書き方(条件分岐)

PHPの条件分岐でif文を使う場合は次のように記述します。

書式
if (条件式) {
	文1;
	文2;
	...
}

条件式は()丸括弧でくくり、処理を行う文が複数ある場合は{}波括弧(中括弧)でくくります。 {}波括弧で囲まれた処理の固まりをブロックと呼びます。

上記のif文の場合、条件式がtrueの場合のみ下の処理が実行され、 falseの場合は何も実行されません。

具体的なコードは次のようになります。

$n = 110;

if ($n >= 100){
	echo "100以上です" . " \n";
}

// 実行結果
100以上です

文が1つの場合

上記のコードのように、処理部分の文が1つしかない場合は、 {}波括弧を省略して書くこともできます。

if ($n >= 100)
	echo "100以上です" . " \n";

1行で記述することもできます。

if ($n >= 100) echo "100以上です" . " \n";