PHP: switch文(分岐処理)

switch文

PHPで多くの分岐処理を行いたい場合は、switch文を使うとコードがシンプルになります。

下の書式にある「式」の部分には文字列か数値が入ります。 「式」の値が「case 値」の値に一致する場合は、 該当case部分の処理を行います。 いずれのcaseにも当てはまらない場合は、 「defautl:」部分の処理が実行されます。

注意点として、各case部分の最後には「break」文が必要です。 break文がないとすぐ下のcase部分の処理を実行してしまいます。 各case部分を抜け出すためにbreak文を記述してください。

書式
switch(式){
	case 値1:
		処理1;
		break;

	case 値2:
		処理2;
		break;

	case 値3:
		処理3;
		break;
	
	default:
		あてはまらない場合の処理;

}

switch文の具体的なコードは次の通りです。

$n = 80;

switch($n) {
	case 100:
		echo "100です" . " \n";
		break;
	case 90:
		echo "90です" . " \n";
		break;
	case 80:
		echo "80です" . " \n";
		break;
	defalut:
		echo "その他です" . " \n";
}

// 実行結果
80です