PHP: for文(繰り返し)

PHPでは繰り返し(ループ)処理を行う構文の1つに for文があります。

書式
for (式1; 式2; 式3){
	処理
}

for の後の()丸括弧の中に式が3つあります。 3つの式の内容をもう少し詳しく書くと次のようになります。

書式
for (初期化式; 条件式; 増減式){
	処理
}

for文の処理の流れは次のようになります。

1.ループの開始時に初期化式が実行されます。

2.各ループの開始前に条件式が評価され、式の値がtrueであれば 処理が実行されます。条件式の値がfalseであればループは終了します。

3.各ループの後に、増減式が実行されます。

for文の具体例は次の通りです。
下で使用している変数$iをカウンタと呼びます。 通常はカウンタとして「i, j, k」などのシンプルな変数名を使うことが多いです。

for ($i=0; $i < 3; $i++) { 
	echo $i . " \n";
}

// 実行結果
0
1
2

上のfor文は次のようなロジックで実行されています。

  • 初期化式を評価(実行)して、$i = 0 となる
  • 条件式を評価して、true なので処理が実行される($i = 0)
  • 増減式が実行され、$i = 1 となる
  • 条件式を評価して、true なので処理が実行される($i = 1)
  • 増減式が実行され、$i = 2 となる
  • 条件式を評価して、true なので処理が実行される($i = 2)
  • 増減式が実行され、$i = 3 となる
  • 条件式を評価して、false なのでループが終了する