PHP: 配列を作成する

PHPで配列を作成する場合は、複数の記述方法があります。

書式
配列名 = array(値1, 値2, 値3, ...);

配列名 = array(添字1 => 値1, 添字2 => 値2, 添字3 => 値3, ...);

配列名 = [値1, 値2, 値3, ...];

配列名 = [添字1 => 値1, 添字2 => 値2, 添字3 => 値3, ...];

1番目と2番目はarray()関数を使う方法で、 3番目と4番目はarray()関数は使わずに、角括弧[]を使って作成する方法です。

それぞれの方法で具体的に配列を作成します。 下の4通りの記述方法は、すべて配列の内容が同じになります。

$arr1 = array("a", "b", "c");

$arr2 = array(0 => "a", 1 => "b", 2 => "c");

$arr3 = ["a", "b", "c"];

$arr4 = [0 => "a", 1 => "b", 2 => "c"];

print_r($arr1);

// 実行結果

Array
(
    [0] => a
    [1] => b
    [2] => c
)

空の配列を作成する

空の配列を作成する場合は、array()の丸括弧()の中や、 角括弧[]の中には何も記述しません。

$arr1 = array();

$arr2 = [];

print_r($arr1);

// 実行結果
Array
(
)