PHP: 変数を使用、表示する方法

変数を使用する

PHPで変数を使う場合は、変数名の前に「$」記号を付けます。

書式
$変数名 = 値;

変数名の付け方には次のルールがあります。

  • 変数名には半角英数字と _ (アンダースコア)が使える
  • 先頭文字に数字は使えない
  • 大文字と小文字は区別される

具体的なコードは次の通りです。

$a = 10;
$b = 20;

// 1行に並べて書くこともできる
$c = 10; $d = 20;

// 複数の変数に同時に代入することもできる
$e = $f = 10;

変数を表示(出力)する

変数を出力するにはいくつか方法があり、 代表的な3つの方法として「echo」「print」「var_dump()」があります。

次のコードは数値の入った変数「$a」と、 文字列の入った変数「$s」を、「echo, print, var_dump()」の3通りの方法で表示しています。

$a = 10;
$s = "hoge";

// echo
echo $a . " \n";  // 10
echo $s . " \n";  // hoge

// print
print $a . "\n";  // 10
print $s . "\n";  // hoge

// var_dump()
var_dump($a);     // int(10)
var_dump($s);     // string(4) "hoge"

echo と print は変数の値を表示するだけですが、 var_dumpは変数の型も表示してくれます。

echo と print で表示する場合、 自動的に改行はされないので、上のコードのように必要に応じて自分で 改行「\n」を加えます。