PHP: while文、do~while文(繰り返し)

PHPでは繰り返し処理を行う制御構文として while文、do~while文もあります。

while文

while文は繰り返しの回数が決まっていない場合に使われます。

書式
while (条件式){
	処理
}

while文の具体的なコードは次の通りです。

$k = 0;

while ($k < 3){
	echo $k . " \n";
	$k++;
}

// 実行結果
0
1
2

do~while文

do~while文もwhile文と同じように、 繰り返しの回数が決まっていない場合に使われます。
while文との違いは、処理が必ず1回行われる所です。

書式
do{
	処理
} while (条件式);

do~while文の場合、「while(条件式)」の後に ;(セミコロン)がないと エラーになるので注意してください。

do~while文の具体的なコードは次の通りです。

$k = 0;

do {
	echo $k . " \n";
	$k++;
} while ($k < 3);

// 実行結果
0
1
2

無限ループに注意

while文やdo~while文は繰り返しの回数が決まっていないため、 記述内容によっては無限ループが発生する可能性があります。
上のコードの場合、カウンタ「$k」の値を増やすインクリメント部分「$k++;」を 忘れると無限ループになります。

while文やdo~while文を使う場合は、 無限ループにならないように条件式や処理内容に注意してください。