PHP: エスケープシーケンス \

エスケープシーケンス \

改行やタブなどの特殊な文字を表す場合、 頭に「\」をつけた2文字の組み合わせで1つの文字を表します。 例えば改行は「\n」、タブは「\t」など。 このように「\」と組み合わせて特別な意味を持たせた文字列を 「エスケープシーケンス」といいます。

PHPでのエスケープシーケンスは次の通りです。

エスケープシーケンス意味
\n改行
\r復帰
\tタブ(水平タブ)
\''(シングルクォート)
\""(ダブルクォート)
\\\

エスケープシーケンスを使ったサンプルコード

次の文字列は間に改行「\n」が入った2行の文字列です。

$s = "Hello\nWorld!";

echo $s . " \n";

// 実行結果
Hello
World!

次の文字列は'シングルクォートを表すために「\'」を使っています。

$s = 'I\'m fine.';

echo $s . " \n";

// 実行結果
I'm fine.