Python: while文(繰り返し)

while文

Pythonで繰り返し処理を実現する場合、 よく使われるのは for文ですが、もう一つの構文として 「while文」があります。

書式
while 条件:
	文
	...

while文では「条件」が True の間、 ブロックとして指定された文を繰り返し実行します。

while文を使ったコードは次の通りです。

i = 0

while i < 3:
	print(i)
	i += 1

# 実行結果
0
1
2

for文と違ってwhile文の場合は、 条件やループカウンタの指定を間違うと、 無限ループが発生する可能性があるので注意が必要です。

他のプログラミング言語でよくある 「do~while文」はPythonにはありません。 さらに「++(インクリメント演算子)」と 「--(デクリメント演算子」もありません。

ですから上のコードではカウンタを増加させるときに 「i++」ではなく「i += 1」と記述しています。 「i = i + 1」でも構いません。