Python: break ループ処理を抜け出す

処理を抜け出す break

ループ処理を途中で抜け出したい場合は、break文を使います。 break文を使うと強制的にブロックを抜け出せます。

break

ループをネストしている(入れ子にしている)場合、 内側のループにあるbreak文では外側のループに移ります。 外側のループにあるbreak文ではループ全体を抜け出します。

次のコードでは、変数 i が3以上になるとループを抜け出します。 その結果 print(i)で表示されるのは「0,1,2」のみです。

for i in range(10):
	
	if i >= 3:
		break

	print(i)

# 実行結果
0
1
2

ループをネストさせた場合のbreak文

次のコードではループをネストさせています。 変数 k が2以上になると内側のループを抜け出し、 外側のループに移ります。

その結果外側のループは「0, 1, 2, 3」と実行されますが 内側のループは「0, 1, 2」しか実行されません。

for i in range(4):
	for k in range(5):

		print(i, k)

		if k >= 2:
			# 内側のループを抜け出す
			break

# 実行結果
0 0
0 1
0 2
1 0
1 1
1 2
2 0
2 1
2 2
3 0
3 1
3 2