テキストエディタとは

テキストファイルを作成・編集するためのソフト

テキストエディタ

テキストエディタとは、 テキストファイルを作成・編集するためのソフトウェアのことです。

テキストファイルは、 英数字・記号・ひらがな・カタカナ・漢字などの 文字情報だけを含むファイルのことです。

英語では「Text Editor」で、 「Editor」には編集者・校正者の意味だけでなく、 編集ソフト(プログラム)の意味もあります。 テキストエディタを省略して単に「エディタ」と呼ぶケースも多くあります。

OSに初めから付属しているテキストエディタとしてWindowsの「メモ帳」、 macOSの「テキストエディット」、Unixの「Emacs」「vi」などがあります。

テキストエディタの使用目的

テキストデータを編集するためのソフトとして、 テキストエディタはいろいろな用途で使われます。

文章作成

ちょっとしたメモ書きや、メールの文章、 ブログ記事の作成などによく使われます。

本格的な執筆業にも使うことができ、 機能が豊富なテキストエディタになると 文字の縦書きにも対応しています。

プログラミング

文章作成と共に、 プログラミングでもテキストエディタはよく使われています。

プログラミングする際の支援機能がついている エディタも多く存在し、 ソースコードの色分けやキーワードの入力補完など、 さまざまな機能を利用できます。

大規模なプログラミング開発ではIDE(統合開発環境)が使われますが、 比較的小規模なプログラミングではテキストエディタで十分対応できます。

データの加工・編集

テキストデータの加工・編集でも使われます。

CSV(TSV)ファイルなどは表計算ソフトを使っても編集できますが、 テキストエディタで行うこともできます。 テキストエディタは起動が速いので、 ちょっとしたデータ編集ならわざわざ表計算ソフトを使うよりも 素早い作業が可能です。

エディタによってはサイズの大きなファイルにも対応しているため、 巨大なデータファイルを編集する場合でも使われます。

ワープロソフトとの違い

文章を記述する場合、テキストエディタと良く比較されるのが ワープロソフト(ワードプロセッサ)です。
文章の装飾機能が充実しているのがワープロソフトであり、 テキスト情報だけなのがテキストエディタです。

ワープロソフトは文字のサイズや色を変更したり、 行間を調整したり、文書に図形を装飾することもできます。 文章の見栄えを良くし、整えるための機能が豊富にあります。
機能が豊富な文、起動に時間がかかり、 動作もテキストエディタのような軽快さはありません。

どちらもメリットデメリットがありますから、 目的に応じた使い分けをするといいでしょう。
対外向けに文章を装飾する必要があるなら、 ワープロソフトを使って編集することをおすすめします。 装飾の必要がなければテキストエディタで十分です。

人気テキストエディタ

現在インターネット上でさまざまなテキストエディタが公開されており、 無料で使えるエディタから有料のエディタまで多くの選択肢があります。

ここでは各プラットフォーム別に良く使われているエディタを紹介します。

Windows

  • メモ帳
  • サクラエディタ
  • Mery
  • Notepad++
  • 秀丸(有料)

Mac

  • テキストエディット
  • BBEdit
  • CotEdit
  • mi

Linux

  • Emacs
  • vi