イーサネットとは

イーサネットとは有線LANの標準規格

イーサネット

イーサネット(Ethernet)とは 有線LANに関する通信規格で、標準規格として使用されています。

イーサネットは、TCP/IPプロトコル群ではネットワークインターフェース層に対応し、 OSI参照モデルでは物理層とデータリング層に対応します。

LANには無線LANと有線LANがあり、 「無線LAN」=「Wi-Fi」と同じように「有線LAN」=「イーサネット」 と思っておいて大丈夫です。

ちなみに、Ethernetの語源は「ether(エーテル)」です。 「ether(エーテル)」は「空間に充満して光を伝える」 と考えられていた仮想の物質(現在では否定されています)。

ケーブルの種類

イーサネットで使われるケーブルの種類は大きくわけて3つあります。

  • 同軸ケーブル
  • 光ファイバーケーブル
  • LANケーブル

同軸ケーブルや光ファイバーケーブルは、 通信関連の事業者や企業が使うケーブルで、 一般の家庭で使うことはまずありません。 通常はLANケーブルを使用します。

LANケーブルは用途とノイズ強度によってそれぞれ2つに分かれます。

ストレートケーブルとクロスケーブル

用途でLANケーブルを分けると、 ストレートケーブルとクロスケーブルがあります。

ストレートケーブルはLANとパソコンを接続するための ケーブルです。LANケーブルと言えば通常はストレートケーブルのことを言います。

クロスケーブルはパソコンとパソコンを接続するためのケーブルです。 PCの入れ替えに伴いデータを移行させたい場合に使われることがあります。

UTPケーブルとSTPケーブル

ノイズ強度でLANケーブルを分けると、UTPケーブルとSTPケーブルがあります。

UTP(アンシールド・ツイスト・ペアケーブル)は アンシールドとあるように、シールド保護されていなLANケーブルです。 一般的にはUTPケーブルが使われています。

STP(シールド・ツイスト・ペアケーブル)は シールド保護されているLANケーブルで、ノイズに強くなっています。

イーサネットの規格

イーサネットにはさまざまな種類の規格があり、 規格によって伝送速度や伝送距離が違います。 以下はツイスト・ペアケーブル(LANケーブル)での規格名です。

ファスト・イーサネット(Fast Ethernet)

転送速度は100Mbps。規格名は「100BASE-TX」(ツイスト・ペアケーブル)。 伝送距離は100m。

ギガビット・イーサネット(Gigabit Ethernet)

伝送速度は1Gbps。規格名は「1000BASE-T」(ツイスト・ペアケーブル)。 伝送距離1は100m。

10ギガビット・イーサネット(10Gigabit Ethernet)

伝送速度は10Gbps。規格名は「10GBASE-T」(ツイスト・ペアケーブル)。 伝送距離1は100m。

イーサネット(有線LAN)とWi-Fi(無線LAN)の向き不向き

有線LANと無線LANのどちらも現代のIT社会では必要不可欠な技術です。 それぞれの特徴・長所に応じて使用することでより便利に使えます。

イーサネット(有線LAN)

イーサネット(有線LAN)の長所は通信の安定性と速度です。
通信が途中で途切れると支障があるような業務や、 オンラインゲームや動画閲覧などの通信速度が必要な場合 イーサネットの方が向いています。

Wi-Fi(無線LAN)

wi-fi

Wi-Fi(無線LAN)の長所は可動性とケーブルが不要な所です。
ノートパソコンなどを持ち歩いて、移動先でネットに接続したい場合は Wi-Fiで手軽に接続できます。
室内でネットを使う場合でも、ケーブルが不要なのでパソコン周りが すっきりします。