FTPとは

FTPとはファイルの転送規約

FTP(File Transfer Protocol)とは、 ネットワーク上でファイルを送受信する際の決まり事(規約)です。 直訳するとファイルの転送プロトコルです。

FTPはサーバーとクライアントの間でファイルをアップロードしたり、 ダウンロードする際に使います。 「FileZilla」や「FFFTP」などのFTPソフトを使って、 ドラッグアンドドロップやクリックだけで簡単にファイルの送受信ができるのは FTPという技術のおかげです。

FTPでできること

FTPを使うと次のようなことができます。

  • サーバーにアクセスし、サーバー上にあるファイルの一覧やディレクトリ構成を見る
  • サーバーにファイルをアップロードする
  • サーバーからファイルをダウンロードする

アップロード・ダウンロード

Webサイトを公開する場合、作成したファイル (HTMLファイル、画像ファイル、音声ファイル、映像ファイルなど)を サーバーにアップロードする必要があります。 その際に使うのがFTPで、通常はFTPソフトと呼ばれるGUIベースの ソフトウェアを使って行います。

他には、サーバーにアップロードしたファイルを共有ファイルにすることで、 他のパソコンからでもダウンロードできるようになります。

FTPの注意点

FTPにはセキュリティ上の問題点があります。 FTPでやりとりされるユーザー名・パスワード・データは平文で送信され、 暗号化されていません。 そのため、第三者に送信内容を盗み取られる可能性があります。

そこで開発されたのが「FTPS」や「SFTP」というプロトコルです。 これらのプロトコルは送信内容が暗号化されているため、 安全にデータのやり取りができます。 FTPS(File Transfer Protocol over SSL/TLS)は、 SSL/TLSを利用した暗号化プロトコルで、 SFTP(SSH File Transfer Protocol)はSSH(Secure Shell)を利用した暗号化プロトコルです。

FTPソフトを選ぶ際は、FTPSかSFTPに対応したソフトウェアを選択してください。

無料で使えるFTPソフト

ここでは人気のあるFTPソフトを紹介します。 どれも人気と実績のあるソフトウェアです。

「FileZilla」

FileZilla

FileZilla

  • Windows、Mac、Linuxの複数OSに対応
  • SFTPによる暗号化に対応
  • 機能が豊富で自由にカスタマイズできる
  • ドラッグアンドドロップによるファイル転送が可能

「FFFTP」

FFFTP

FFFTP

  • 歴史のあるFTPソフトで、Windowsで動作
  • 画面がシンプルで初心者にも使いやすい
  • FTPSによる暗号化に対応
  • SFTPは未対応
  • 大量ファイルの一括転送も可能
  • ドラッグアンドドロップによるファイル転送が可能

「WinSCP」

WinSCP

WinSCP

  • Windowsで動作
  • SFTPによる暗号化に対応
  • シンプルな画面
  • タブによる複数接続が可能
  • ミラーリング機能あり

アスキーモードとバイナリーモードとは

FTPソフトにはファイルの転送モードとして アスキーモードバイナリーモードがあります。

WindowsやMac、LinuxなどのOSに違いによって、 ファイルの改行コードが異なります。 そして改行コードが違うことが原因でプログラムがうまく動作しない場合がありました。

それを防ぐために、アスキーモードではOS間での改行コードの違いを 自動的に修正してくれます。
一方、バイナリーモードでは改行コードの修正は行われず、 そのままファイル転送されます。

現在ではプログラムの実行環境の進化によって、 改行コードがらみの不具合はほとんど生じません。 ですからバイナリーモードで転送するのが普通です。
ちなみにSFTPにはバイナリーモードしか存在しません。