CUIとCLIの違い

CUIとCLIの違いは?

CUIは(Character User Interface)の略で、 CLIは(Command Line Interface)の略です。 どちらもコンピューターと文字だけでやりとりを行う ユーザーインターフェースのことを意味します。 言い方が違うだけで同じ意味です。

CUIやCLIでは下図のような「黒い画面」が良く使われます。

CUI(CLI)はGUI(Graphic User Interface)と対比して使われる言葉で、 一般のPCユーザーがCUI(CLI)を使用する機会はほとんどないと思いますが、 IT関係者にとっては必須のインターフェースです。 プログラムのコンパイルを行ったり、 スクリプトを実行したり、ネットワークコマンドを入力したり等、 多くの場面でCUI(CLI)を使用します。

関連記事

IT基礎知識