PowerShell: 算術演算子

PowerShellで使用する演算子の中でも 数値の加算や減算などを行う算術演算子について説明します。

算術演算子には「+ - * / %」があり、 各算術演算子の意味は次の通りです。

演算子意味
+加算(足し算)
-減算(引き算)
*乗算(掛け算)
/除算(割り算)
%剰余(除算の余り)

算術演算子を使った計算例です。

Write-Host (2 + 3)  # 5

Write-Host (10 - 6) # 4

Write-Host (3 * 4)  # 12

Write-Host (10 / 2) # 5

Write-Host (10 % 3) # 1

計算の優先順位

四則演算には優先順位があり、 加算と減算よりも乗算と除算が優先されます。

# * が優先される
Write-Host (3 + 4 * 5)  # 23

# / が優先される
Write-Host (20 - 8 / 2) # 16

加算と減算を乗算や除算よりも優先したい場合は()カッコで括ります。

# + が優先される
Write-Host ((3 + 4) * 5) # 35

# - が優先される
Write-Host ((20 - 8) / 2) # 6

「+」演算子の注意点

「+」演算子に関しては、算術演算子だけでなく 文字列連結演算子としても働きがあります。

次のコードのように「文字列+文字列」は 文字列連結演算子として機能します。

Write-Host ("2" + "3") # 23

少し紛らわしいのが「文字列 + 数値」や 「数値 + 文字列」の場合です。 「文字列 + 数値」は文字列連結となり、 「数値 + 文字列」は加算します。

# 文字列 + 数値
Write-Host ("2" + 3)  # 23

# 数値 + 文字列
Write-Host (2 + "3")  # 5
PowerShell