PowerShell: 配列の要素数(長さ)を取得する Length

PowerShellで配列の要素数(長さ)を取得する場合は、 Lengthプロパティを使用します。 Lengthプロパティのエイリアス(別名) としてCountも使用できます。

書式
配列.Length

配列.Count

Length又はCountで取得できるのは要素数(長さ)です。 配列の先頭インデックスな0なので、 配列の最大インデックスは「要素数 - 1」になります。 例えば要素数「5」の配列のインデックスは 「0,1,2,3,4」の5個です。 空の配列の場合、要素数は「0」になります。

次のサンプルコードでは要素数の違う2つの配列を作成し、 それぞれの要素数をLengthとCountを使用して取得しています。 LengthとCountのどちらを使っても大丈夫です。

$arr1 = 1, 2, 3, 4, 5

# 要素数を取得
$arr1.Length  # 5
$arr1.Count   # 5

$arr2 = "a", "b", "c"

# 要素数を取得
$arr2.Length  # 3
$arr2.Count   # 3

空の配列の場合、要素数は「0」です。

$arr = @()

$arr.Length  # 0

Lengthプロパティを使用したコード例として、 Forループ内の条件式にループの上限値として使用するケースがあります。 次のコードでは条件式が「$i -lt 3(要素数)」を満たす場合、 つまり $i が「0, 1, 2」の間ループします。

$arr = "a", "b", "c"

for ($i = 0; $i -lt $arr.Length; $i++) {
	Write-Host $arr[$i]
}

# 実行結果
a
b
c

参考サイト
配列のプロパティ - PowerShell | Microsoft Docs

PowerShell