Python: 文の途中で改行する

文の途中で改行

Pythonでは、基本的に文は1行で記述しますが、 長くて見にくい場合は文の途中で改行することもできます。
途中で改行する場合は、改行したい行の末尾に円記号「\」をつけ、 続けて次の行を入力します。

文字列を途中で改行

文字列を途中で改行してみます。

# 文字列を途中で改行
s = "hello \
world"

print(s) # hello world

if文を途中で改行

if文の式を途中で改行します。

student_number = 8

# if文の途中で改行
if student_number >= 5 and \
	student_number < 10 :
	print("Hit")

リスト(コレクション)の値は円記号「\」が不要

リストなどのコレクションの値を複数行で記述する場合、 円記号「\」は必要ありません。

リストとディクショナリの値を複数行で書く場合は次の通りです。

# リスト
arr = [0, 1, 2, 3, 4, 
		5, 6, 7, 8]

print(arr) # [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8]

# ディクショナリ
d = {"a": 0, 
	"b": 1, 
	"c": 2}

print(d) # {'a': 0, 'b': 1, 'c': 2}