Python: ファイルのオープンモード mode

ファイルのオープンモード mode

Pythonでファイルをオープンする時に指定するオープンモードについて。

オープンモード内容
r読み込み用にファイルを開く
w書き込み用にファイルを開く
a追記用にファイルを開く
r+更新、読み込み用にファイルを開く
w+更新、書き込み用にファイルを開く
a+更新、追記用にファイルを開く
rbバイナリーモードで読み込み用にファイルを開く
wbバイナリーモードで書き込み用にファイルを開く
abバイナリーモードで追記用にファイルを開く

「r+」「w+」「a+」についてはいまいち使い道が分からない!
使う機会もほぼないと思いますので「r」「w」「a」を押さえておけば大丈夫です。

テキストモードとバイナリーモード

補足として、テキストモードとバイナリーモードを区別するオプションは 次のように「t」と「b」になっています。

tテキストモード(デフォルト)
bバイナリーモード

この2つは「r」「w」「a」に追記する形で使われます。
テキストモードで読み込み用にファイルを開く場合は「rt」 と指定してもOKです。
オープンモードのデフォルト値がテキストモードなので 「t」を省略して「r」と書けます。 つまり「r」イコール「rt」のことです。

バイナリーモードで読み書きする場合は「b」を省略できないので「rb」となります。

Python