Python: ファイルへの書き込み write()

ファイルに書き込む write()

Pythonで文字列の内容をファイルへ書き込む場合は write()メソッドを使います。

まずは with文を使ったファイルの書き込み方法を紹介します。 with文を使う場合、ファイルのクローズはPython側で自動的に行ってくれるため、 クローズメソッドを記述する必要はありません。

# ファイルパス
file_path = "a.txt"

# 書き込む文字列
text = "hello world"

with open(file_path, "w", encoding="utf-8") as f:

	# ファイルへ書き込む
	f.write(text)
	
  • 「"w"」: テキストモードで書き込み用としてファイルをオープン
  • 「encoding="utf-8"」: 文字コードにUTF-8を指定

open()、close()による書き込み

with文を使わない場合は、 最後にファイルのクローズ処理 close()が必要なので忘れないようにしてください。

# ファイルパス
file_path = "a.txt"

# 書き込む文字列
text = "hello world"

# ファイルオープン
f = open(file_path, "w", encoding="utf-8")

# 書き込み
f.write(text)

# ファイルクローズ
f.close()