Python: リストなどの要素を結合する join()

要素を結合 join()

Pythonではリストなどのコレクションの要素を結合して 文字列を生成することができます。 その場合はjoin()メソッドを使います。

例えば ["a", "b", "c"] というリストの要素を結合して "a-b-c" という文字列を作れます。

書式
"結合文字".join(リストなど)

join()メソッドの引数は、リストなどのイテレート可能な(繰り返し処理が可能な) オブジェクトです。

リストを使ったjoin()メソッドの使い方は次の通りです。

li = ["a", "b", "c"]

# - ハイフンで結合
s1 = "-".join(li)

print(s1)  # a-b-c

# , カンマで結合
s2 = ",".join(li)

print(s2)  # a,b,c

# そのまま結合
s3 = "".join(li)

print(s3)  # abc