Python: 数値を文字列に変換する str()

文字列に変換 str()

Pythonで数値を文字列に変換する場合は、str() 関数を使います。

書式
str(数値)

数値には整数だけでなく、浮動小数点数も指定できます。

逆に文字列を整数にする場合は int()関数、 文字列を浮動小数点数に変換する場合は float()関数を使います。

まずは整数を文字列に変換してみます。

n = 100
print(type(n)) # <class 'int'>

# 文字列型に変換
s = str(n)

print(s)       # 100
print(type(s)) # <class 'str'>

次に浮動小数点数を文字列に変換してみます。

n = 0.3
print(type(n)) # <class 'float'>

# 文字列型に変換
s = str(n)

print(s)       # 0.3
print(type(s)) # <class 'str'>