Python: エスケープシーケンス \

エスケープシーケンス \

改行やタブなどの特殊な文字を表す場合、 頭に「\」をつけた2文字の組み合わせで1つの文字を表します。 例えば改行は「\n」、タブは「\t」など。 このように「\」との組み合わせて特殊な文字を表すものを エスケープシーケンスといいます。

Pythonでのエスケープシーケンスは次の通りです。

エスケープシーケンス意味
\n改行
\r復帰
\tタブ(水平タブ)
\v垂直タブ
\a警告音
\bバックスペース
\f改ページ
\''(シングルクォート)
\""(ダブルクォート)
\\\
\ooo8進数 ooo を持つ文字
\xhh16進数 hh を持つ文字

エスケープシーケンスのサンプル

次の文字列は間に改行コード「\n」が2つ入った、 3行の文字列です。

s = "a\nb\nc"

print(s)

# 実行結果
a
b
c

次の文字列はダブルクォート「"」を表すために、 エスケープシーケンス「\"」を使っています。

s = "これは\"特殊文字\"です"

print(s) # これは"特殊文字"です