Python: for文(繰り返し)

for文

Pythonで繰り返し処理(反復処理)を行う構文の1つとして for文があります。

書式
for 変数 in 繰り返し処理できる仕組み:

in の後に指定する「繰り返し処理できる仕組み」 にはリストやタプルなどがあります。
for の後に指定する「変数」で値を取得できます。

リストでの繰り返し処理

リストを使った反復処理の例は次の通りです。

li = ["a", "b", "c"]

for v in li:
	print(v)
	
# 実行結果
a
b
c

range()での繰り返し処理

range()オブジェクトはリストと同じように「繰り返し処理できる仕組み」の1つで、 整数の並びで構成されています。
例えば range(10)と指定すると、0から9までの10個の数値の並びが作成されます。

range()を使った具体的にコードは次の通りです。

for i in range(3):
	print(i)

# 実行結果
0
1
2

range()では開始と終了の数値を指定することもできます。 次のコードでは1から5までの数値を取得できます。

for i in range(1, 6):
	print(i)

# 実行結果
1
2
3
4
5

関連記事: range()オブジェクトとは、使い方