Python: 関数を定義する

関数の定義

Pythonで関数を定義する場合は次のように記述します。

書式
def 関数名(引数1, 引数2, ...):
	処理文
	...
	
	return 戻り値

「def」の後に関数名を書き、関数名の後の()カッコ内に引数を書きます。
引数がない場合は()カッコだけで、引数が複数の場合は引数をカンマで区切ります。

戻り値がある場合は return の後に戻り値を書き、 戻り値がない場合は単に return と書くか、 何も書かないかのどちらかです。

関数定義の具体例

具体的に関数を定義してみます。
2つの引数を受け取り、受け取った2つの引数を足して返す関数を作ります。

# 関数定義 ここから
def plus(x, y):

	return x + y
# 関数定義 ここまで

# 関数 plus を呼び出す
n = plus(2, 7)

print(n) # 9

関数の定義場所

関数を定義する場合は、呼び出す場所よりも前に記述してください。
Pythonは先頭からコードを読み込んで実行するので、 呼び出し場所よりも前に関数定義がないとエラーが発生します。

Python