Python: 関数の呼び出し方

関数の呼び出し

Pythonで関数を呼び出す場合は「関数名(引数)」と記述します。 戻り値がある場合は変数で戻り値を受け取ります。

# 戻り値なしの場合
関数名(引数)

# 戻り値ありの場合
変数 = 関数名(引数)

実際に呼び出すコードを書いてみます。
定義した関数「plus」を呼び出します。 2つの引数を指定し、戻り値を変数「n」に代入します。

# 関数定義 ここから
def plus(x, y):

	return x + y
# 関数定義 ここまで

# 関数 plus を呼び出す
n = plus(2, 7)

print(n) # 9

関数を呼び出す場所

先ほどのコードのように、関数を呼び出す場合は 先に関数を定義して、その後で呼び出します。

Pythonは先頭からコードを読み込んで実行するので、 呼び出し場所よりも前に関数定義がないとエラーが発生します。