Python: 文字列を数値に変換する int(), float()

文字列を数値に変換する

Pythonで文字列を数値に変換する場合は、 int()関数かfloat()関数を使用します。

整数値に変換する int()

文字列を整数値に変換する場合は、int()関数を使います。

# 数値に変換
n = int("123")

print(type(n))
print(n)

# 実行結果
<class 'int'>
123

数値に変換できない文字列を指定した場合は、 次のようなエラーが発生します。

print(int("abc"))

# 実行結果
Traceback (most recent call last):
  File "test.py", line 10, in 
    print(int("abc"))
ValueError: invalid literal for int() with base 10: 'abc'

浮動小数点数に変換する float()

浮動小数点数に変換する場合はfloat()関数を使います。

# 浮動小数点数に変換
n = float("1.23")

print(type(n))
print(n)

# 実行結果
<class 'float'>
1.23
Python