Tkinter(Python): ウィンドウを表示する

ウィンドウを表示する

Tkinterを使って、 ウィンドウを表示するのに必要な、 最低限のロジックは次の通りです。

import tkinter as tk

# ウィンドウ作成
root = tk.Tk()

# タイトル
root.title("テスト")

# ウィンドウサイズと位置 幅 x 高さ + X座標 + Y座標
root.geometry("300x200+100+200")

# メインループ
root.mainloop()

上のプログラムを実行すると、サイズが(300, 200)、位置が(100, 200)の 次のようなウィンドウが表示されます。

Tkinter メインウィンドウ

プログラムの流れを軽く説明すると次のようになります。

■ Tk()コンストラクタでTkオブジェクトを作成。

■ title()メソッドでウィンドウのタイトルを設定。

■ geometry()メソッドでウィンドウのサイズと位置を指定。
ウィンドウのサイズのみを指定する場合は次の記述でOKです。

root.geometry("300x200")

■ mainloop()メソッドでメインループを実行すると画面が表示されます。

メインウィンドウに部品を配置していく

Tkinterでは、まずメインウィンドウを作成して、 メインウィンドウの子要素としてボタンやラベルなどを配置していきます。

ボタンなどの部品をTkinterでは「ウィジェット」と呼びます。

下図のようにウィンドウに直接ボタンなどを配置する方法や、

ウィンドウの下にボタン

下図のようにウィンドウの子要素としてフレームウィジェットを配置し、 フレームの子要素としてボタンやラベルを配置する方法もあります。 複雑なレイアウトの場合は、 このようにフレームを介した方が配置しやすくなります。

ウィンドウの下にフレーム