Tkinter: ラベル(Label)の作成・配置・内容取得・設定

PythonのTkinterでラベルを作成する場合は、 Labelウィジェットを使用します。

ラベル(Label)の作成・配置

ウィンドウにラベル(Label)を2つ作成し、 配置します。 配置にはplace()メソッドを使用して、 位置やサイズを設定してます。

import tkinter as tk

# ウィンドウ作成
root = tk.Tk()

# ウィンドウサイズ
root.geometry("300x200")


# ラベルの作成と配置
lbl_a = tk.Label(root, text="ラベル A", 
				borderwidth=2, relief="ridge")
lbl_a.place(x=20, y=20, width=260, height=30)

lbl_b = tk.Label(root, text="ラベル B", 
				borderwidth=2, relief="sunken")
lbl_b.place(x=20, y=100, width=260, height=30)

# メインループ
root.mainloop()

実行結果は次の通りです。

ラベル(Label)

コード解説

lbl_a = tk.Label(root, text="ラベル A", 
				borderwidth=2, relief="ridge")

Labelウィジェットの第一引数に親ウィジェットを指定します。 今回はウィンドウに直接配置するため「root」を指定しています。

Labelウィジェットは、デフォルトでは境界線がないため borderwidthオプションとreliefオプションを指定して境界線を表示します。

lbl_a.place(x=20, y=20, width=260, height=30)

place()メソッドでx座標、y座標、幅、高さを指定しています。

テキストボックスのフォントサイズを変更

ラベルのフォントサイズを変更したい場合は, fontオプションを使用します。

# フォントサイズ指定 フォントタイプはデフォルト
fonts = ("", 13)

# ラベルの作成と配置
lbl_a = tk.Label(root, text="ラベル A", font=fonts, 
				borderwidth=2, relief="ridge")
lbl_a.place(x=20, y=20, width=260, height=30)

ラベル(Label)の内容を取得・設定する

ラベルオブジェクトは辞書(ディクショナリ)です。 ラベル(Label)の内容を取得したり設定する場合は、 ラベルオブジェクトの"text"キーを利用します。

# ラベルの内容を変数に格納
hoge = lbl_a["text"] 

# ラベルの内容をクリア
lbl_a["text"] = ""