VBScript: ファイル名を変更する

VBScriptを使用してファイル名を変更する方法について説明します。

ファイル名を変更するための基本スクリプト

VBScriptでファイル名を変更するには、以下のコードを使用します:

' FileSystemObjectを作成
Dim objFSO
Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

' ファイル名を変更
objFSO.MoveFile "C:\OriginalFile.txt", "C:\RenamedFile.txt"

スクリプトの詳細解説

このスクリプトでは、FileSystemObject(FSO)を作成し、MoveFileメソッドを使用して指定された場所のファイル名を変更します。ここでは「C:\OriginalFile.txt」という元のファイル名を「C:\RenamedFile.txt」という新しいファイル名に変更しています。

エラーハンドリング

ファイル名変更中にエラーが発生することがあります。そのため、エラーハンドリングを追加することが推奨されます。以下はその一例です:

' エラー処理を有効化
On Error Resume Next

' FileSystemObjectを作成
Dim objFSO
Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

' ファイル名を変更
objFSO.MoveFile "C:\OriginalFile.txt", "C:\RenamedFile.txt"

' エラーチェック
If Err.Number <> 0 Then
    WScript.Echo "ファイル名の変更に失敗しました: " & Err.Description
End If

' エラー処理を無効化
On Error GoTo 0
VBScript入門