VBScript: 小数点以下を切り捨てる Int

VBScriptで小数点を含む数値を取り扱う際に、 小数点以下を切り捨てる場合はInt 関数を使用します。

書式
Int(式)

Int関数の戻り値は整数部分のみを持つ数値です。
引数の「式」には数値とみなされる値や式を指定します。 引数の値が負数の場合は、 引数以下で最大の負の整数を戻します。 例えばInt(-1.2)の戻り値は「2」です。

次のサンプルコードは、 Int関数を使った小数点以下の切り捨て例です。

WScript.Echo Int(3.14)       ' 3

WScript.Echo Int(345267.245) ' 345267

WScript.Echo Int(-1.2)       ' -2

WScript.Echo Fix(-1.2)       ' -1

上のサンプルで引数に負数の「-1.2」を指定したときに、 戻り値として「-1」を取得したい場合はFix関数を使用します。

VBScript入門