Python: 最もシンプルな例外処理

最もシンプルな例外処理

Pythonの例外処理は、書こうと思えばいろいろと詳細に書けます。 try, except, else, finallyなどがあって結構面倒です。

最低限、エラーをキャッチできて、エラー内容をprint()で表示できればそれでいい。 最もシンプルな例外処理の書き方は?」となると次のようになります。

try:
	
	処理
	
except Exception as e:
	print(e)

上記が最も簡素な例外処理の書き方です。

「Exception」はシステム終了以外のエラーを全て拾ってくれますから、 「Exception」を指定しておけば事足ります。

「どうやって例外処理を書こうか?」 と迷ってしまったらとりあえず上記のコードでしのいでください。 後でいくらでも書き直せます。