Python: 例外処理

例外処理

Pythonでの例外処理の書き方を説明します。 基本的な書き方は次の通りで、例外が発生した時の処理、 例外が発生しなかった時の処理、必ず最後に行う処理など細かく記述できます。

書式
try:
	例外が発生する可能性のある処理

except 例外クラス名: 
	例外が発生したときの処理

else:
	例外が発生しなかったときの処理
	
finally:
	必ず最後にする処理

else ブロックとfinally ブロックは省略可能です。
except の後に例外クラス名を指定しない場合は、 すべての例外の発生を処理できます。

exceptブロックを複数記述する

except ブロックはエラーの種類に応じて複数記述できます。 例えば、ファイルを扱う場合の例外処理を次のように分けることもできます。

except FileNotFound:
	処理

except FileExistsError:
	処理

複数の例外を1つのブロックにまとめる

複数の例外を1つのブロックにまとめることもできます。 その場合は()丸括弧で括り、カンマで区切ります。

except (FileNotFound, FileExistsError):
	処理

エラー情報を出力する

例外の情報を出力する場合は、次のように例外クラス名の後に as 変数と記述すると、 変数を使った情報出力ができます。

except Exception as e:
	print(e)  #エラー情報出力
Python